前へ
次へ

トースターの進化がすさまじくなっている

朝食にトーストを食べる人は多いでしょう。
元々人はあまり朝食をとる習慣があまりなかったとされます。
それがある発明家によってどんどん朝食を食べる人が増えだします。
発明家として知られる人が、自分で発明したトースターを販売するために朝食を勧めたとされます。
今では朝食を食べるのが当たり前になっています。
トースターといえば、切った食パンを加熱するための調理家電です。
中にヒーターが付いていて、表面に焦げ目をつけてくれます。
トースターに近い食べ物としてお餅、ピザなどが焼けるとありますが、あくまでも二次的な使い方です。
しかし最近はトースターがどんどん進化しています。
よりおいしくトーストが焼ける機能が付いていたり、大きなピザが焼ける機能、そしてローストビーフが作れてしまう機能などが付いています。
こうなるとトースターというよりオーブンに近い調理家電になるでしょう。
その分値段も高くなっています。
通常のトースターは数千円で買えますが、高級タイプは5万円近くします。

Page Top